高校生の娘1人、中学生の息子1人、小学生の息子1人の子育てに奔走中!自身もパートを始め、のんびり日々の記録を綴ってます。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- / Top↑
先週、二男の『2分の1成人式』の参観がありました!

20130221 2分の1成人式_R

昔はこんな式無かったですよね。
10才という節目に自分を振り返り、
家族に感謝する機会を作る、という意味でしょうか。。

自分ができるようになったことの発表↓
2分の1成人式 リコーダー_R
リコーダー以外にも
ポートボール・縄跳び・一輪車・跳び箱・合唱・社会・・・
などがあり、各自、得意なものを選んで発表したようです。

全員で合唱♪
2分の1成人式 合唱_R

子供から感謝状、親からは手紙を交換し、
「負けないで」の替え歌バージョンで
両親への感謝の気持ちを歌ってくれました。。。

感極まって涙を流されてる方も多かったみたいですが、
私の場合、姉、兄、と経験し3度目なので、
感動も少々薄れてたのは確かです、、ハイ、すみません・・・(*_*;

ただ、前日に手紙を書きながら
自分の子育てについて改めて考えさせられ
反省することしきり。。

もう一度自分への戒めのために
この詩を備忘録として残しておきたいと思います。


*******************


「子どもについて」 

あなたがたの子どもたちは
あなたがたのものではない。
彼らはいのちそのものの
あこがれの息子や娘である。

彼らはあなたがたを通して生まれてくるけれども
あなたがたから生じたものではない、
彼らはあなたがたと共にあるけれども
あなたがたの所有物ではない。

あなたがたは彼らに愛情を与えうるが、
あなたがたの考えを与えることはできない、
なぜなら彼らは自分自身の考えを持っているから。

あなたがたは彼らのからだを宿すことはできるが
彼らの魂を宿すことはできない、
なぜなら彼らの魂は明日の家に住んでおり、
あなたがたはその家を夢にさえ訪れられないから。

あなたがたは彼らのようになろうと努めうるが、
彼らに自分のようにならせようとしてはならない。
なぜなら命はうしろへ退くことはなく
いつまでも昨日のところに
うろうろ ぐずぐず してはいないのだ。

あなたがたは弓のようなもの、
その弓からあなたがたの子どもたちは
生きた矢のように射られて、前へ放たれる。
射る者は永遠の道の上に的をみさだめて
力いっぱいあなたがたの身をしなわせ
その矢が速く遠くとび行くように力をつくす。

射る者の手によって
身をしなわせられるのをよろこびなさい。
射る者はとび行く矢を愛するののと同じように
じっとしている弓をも愛しているのだから。


『ハリール・ジブラーンの詩』
    神谷美恵子・訳(角川文庫)より 引用



********************


よくしなる弓になれるよう努力しようと思う。。。


2013.02.26 / Top↑
Secret

TrackBackURL
→http://ivivmama.blog72.fc2.com/tb.php/458-c1a41668
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。